環境分析学
英文名Environmental Analytical Chemistry
科目概要生物環境科学科3年後期 [月曜日2時限(週1コマ)]、3群科目、必修、講義、2単位(30時間)
担当者(◎は科目責任者,※は実務経験のある教員) ◎馬場 光久
講義室841講義室
備考科目ナンバリング:VE301-EE20
JABEE認定プログラム履修の手引き(表3・14)との関連E

授業の目的

環境調査の目的と試料の取扱い、代表的な化学分析法について理解する。また、分析方法の理論についても学習する。
解析方法として、分析結果の整理、統計処理、解析方法の基礎を習得する。

教育内容

環境調査のための環境監視計画の策定,目的に応じた試料の採取地点の選択,採取頻度,採取方法,分析項目,および分析項目に適した分析手法,環境分析に用いられる機器分析の原理などについて講義する。また,測定値を分析値として表すための単位換算,統計解析についても講義する。

教育方法

教科書および配布資料について,板書やパワーポイントによる講義形式ですすめる。講義内容について授業中に学生に質問して回答する機会を設ける。
フィードバックとして,小テストの解答用紙に質問が記入されていた場合,次回以降に回答したり,補足説明したりする。また,試験解説を行う。

卒業・学位授与の方針と当該科目の関連

 ①豊かな人間性と高い倫理観
〇②環境科学に関する理解と高度の知識・技能
◎③生態系機能の解明と理解を基盤に環境保全に貢献できる能力
 ④環境資源の維持と修復に寄与する能力
 ⑤環境保全に関わる社会の多様な要請に応えられる問題解決能力

授業内容(シラバス)

項目内容担当者日時
1環境分析の役割・手法目的、評価方法の概説(参考書1 第1章、参考書4 第1章)馬場 光久
9/25②
2分析の精度実験誤差とその評価(教科書 第11章、参考書1 第6章)馬場 光久
10/2②
3酸・塩基酸・塩基の強弱および酸緩衝作用(教科書 第2章)馬場 光久
10/10②
4トレーサビリティー単位の表し方と標準試薬の調製(参考書4 第3章、参考書2 第1章)馬場 光久
10/16②
5水質調査Ⅰ調査の目的、試料の採取・前処理・保存・分析法(参考書3 第2章、第3章、参考書4 第5章)馬場 光久
10/23②
6水質調査Ⅱ水質に影響する因子と水質浄化(参考書3 第1章)馬場 光久
10/30②
7土壌調査土壌調査・分析および土壌の酸緩衝作用(参考書5)馬場 光久
11/6②
8大気環境調査大気汚染とその評価(参考書3 第2章、第3章)馬場 光久
11/13②
9環境分析のための機器分析Ⅰ検量線の作成(参考書3 第4章、参考書4 第2章、第3章)馬場 光久
11/20②
10環境分析のための機器分析Ⅱ分光光度法(教科書 第5章)馬場 光久
11/27②
11環境分析のための機器分析Ⅲ原子吸光光度法(教科書 第6章、参考書1 第3章)質量分析(教科書 第8章、参考書1 第5章)馬場 光久
12/4②
12環境分析のための機器分析Ⅳクロマトグラフ法(教科書 第9章)馬場 光久
12/11②
13植物試料の採取・分析植物の成分分析(参考書6)馬場 光久
12/18②
14分析結果の評価分析結果の統計解析(参考書7)馬場 光久
1/15②

到達目標

1)環境調査の目的に応じて分析項目、調査方法を選択できる。
2)得られた結果を環境基準等に基づいて評価できる。

評価方法

試験により到達目標に達しているのかを判定する(67点)。試験は中間試験(23点),および定期試験(44点)の2回実施する。環境分析学実験を履修している学生については実験のレポートを評価に加味する(20点)。環境分析学実験を履修していない学生については環境分析に関わるレポートを1回課す。レポートの評価はレポート課題の検討とこれに基づく考察を重視して行う(20点)。小テストの結果も成績評価に加える(13点)。授業中の質問に対する解答についても加算する。到達目標の達していない学生から申し出があれば、追再試験を実施する。なお、欠席は1回につき3点減点する。

準備学習(予習・復習等)

【授業時間外に必要な学習:60時間】
予習:2回目以降の講義資料を事前に配布します。この資料には引用文献を明記していますので、事前に資料に目を通して質問などを考えておいてください(準備学習)。このための時間は毎回40分です。
復習:2回目以降はその前の回の講義内容について小テストを実施しますので、講義内容を整理し,不明の点については次の授業の際に質問できるようにしておいてください(復習)。授業中に質問できなかった場合には,リアクションペーパーに記入するか,オフィスアワーを利用して質問してください。復習のための時間は毎回80分です。

その他注意事等

1年次の化学、および化学実験を基礎に、2年次以降の土壌、水、植物に関する科目の内容を踏まえて、それらを実際にどのように評価していくのかについて授業を進めます。結果の管理も含めて、分析化学における基礎に重点を置いた内容であり、実験実習に関連する説明や分析機器の構成など環境分析学実験を受講した方が理解しやすい内容が多いため、必修、選択にかかわらず、講義と実験実習の両方を受講することを望みます。
月曜日~金曜日午前8時~8時45分に、研究室にて質問を受けます(オフィスアワー)。

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書「よくわかる最新化学分析の基礎と仕組み」津村ゆかり秀和システム
参考書1. 「現場で役立つ環境分析の基礎」日本分析化学会 編オーム社
参考書2. 「分析化学の基礎」佐竹正忠 他共立出版
参考書3. 「環境の化学分析」日本分析化学会北海道支部 編三共出版
参考書4.「環境測定」YAN環境測定技術委員会 編オーム社
参考書5. 「土壌環境分析法」土壌環境分析法編集委員会 編博友社
参考書6. 「植物栄養実験法」植物栄養実験法編集委員会 編博友社
参考書7. 「データのとり方とまとめ方(第2版)」Miller & Miller/宗森信 訳共立出版
参考書8. 「Environmental Analysis」Reeve, RN John Wiley & Sons Ltd.
参考書9. 「Analysing Environmental Data」Pentecost, APearson Education Ltd.