応用統計学
英文名Applied Statistics
科目概要生物環境科学科2年前期 [金曜日2時限(週1コマ)]、2群科目、必修、講義、2単位(30時間)
担当者(◎は科目責任者,※は実務経験のある教員) ◎岡田 あゆみ
講義室831講義室
備考科目ナンバリング:VE201-BS17
JABEE認定プログラム履修の手引き(表3・14)との関連D

教員免許取得のための必修科目

科目教科に関する科目(高等学校 農業)
施行規則に定める科目区分
  • 農業

授業の目的

現代ではすべての分野において統計学の知識は必須である。この授業では統計学の必要性を理解した上で、調査・実験を進めるために必要なデータの取得と整理、解析を行うための手法とその統計学的基礎を習得する。統計処理の手法の選択や結果の解釈が適切にできるようになる。

教育内容

統計学の基礎となる確率理論、推定、検定、実験計画などの内容をできる限りわかりやすく説明する。課題によって理解を深める。

教育方法

配布プリントと板書による講義形式、課題。フィードバックとして試験解説を行う。

卒業・学位授与の方針と当該科目の関連

◎豊かな人間性と高い倫理観
◎環境科学に関する理解と高度の知識・技能
◯生態系機能の解明と理解を基盤に環境保全に貢献できる能力
◯環境資源の維持と修復に寄与する能力
◯環境保全に関わる社会の多様な要請に応えられる問題解決能力

授業内容(シラバス)

項目内容担当者日時
1統計学とは何か受講に際しての注意事項等の周知。統計学の意義。統計学の歴史。数字の丸め方と有効桁数。岡田 あゆみ
4/7②
2データ分析の基礎知識グラフ表現。データの種類。対数軸のグラフ。質的データの分析、量的データの分析。度数分布。岡田 あゆみ
4/14②
3データとその記述Iデータの分布とその指標。代表値。ばらつきの指標。岡田 あゆみ
4/21②
4データとその記述II 観測値の標準化と外れ値。岡田 あゆみ
4/28②
5関係の分析二変数間の関係。 散布図。相関係数。共分散。岡田 あゆみ
5/12②
6確率理論I確率の意味。無作為抽出。ベイズの定理。岡田 あゆみ
5/19②
7確率理論II確率変数。確率分布。標本分布。岡田 あゆみ
5/26②
8推定点推定と区間推定。岡田 あゆみ
6/2②
9仮説検定I仮説検定(平均)。岡田 あゆみ
6/9②
10仮説検定II仮説検定(分割表)。岡田 あゆみ
6/16②
11仮説検定III仮説検定(分散、分散分析)。岡田 あゆみ
6/23②
12回帰分析最小二乗法。単回帰モデル、重回帰モデル。岡田 あゆみ
6/30②
13実験計画実験・調査の計画。岡田 あゆみ
7/7②
14講義のまとめと理解度の確認講義のまとめと理解度の確認岡田 あゆみ
7/14②

到達目標

1) データの種類を理解し、それに対応した整理・表現ができるようになる。
2) 代表値(平均値 等)・散らばりの尺度(標準偏差 等)の諸量の意味を理解し、計算ができるようになる。
3) 基礎的な確率理論を学び、推定や検定ができるようになる。
4) 基本的な分析・統計手法を理解し、データと目的に合わせて使用することができるようになる。

評価方法

提出物(40%)、定期試験(60%)により評価する。

準備学習(予習・復習等)

【授業時間外に必要な学習の時間:60時間】
予習:教材の該当箇所を事前に熟読しておくこと。
復習:ウェブ上に公開している練習問題に取り組むこと。課題を期限までに提出すること。

その他注意事等

興味を持って積極的に授業に参加して下さい。
【オフィスアワー】電話(0176-24-4371 内線472)、メール(okada@vmas.kitasato-u.ac.jp)で事前に連絡することを推奨します。

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書データサイエンススクール統計力向上サイトテキスト(初級、中級、上級)総務省統計局
参考書工学のためのデータサイエンス入門間瀬 茂、神保雅一、鎌倉稔成、金藤浩司 著数理工学社
参考書「統計学入門」 東京大学教養学部統計学教室編 東京大学出版会
参考書「ハーバード大学講議テキスト 生物統計学入門」    M. Pagano、K. Gauvreau著丸善株式会社