野生動物学特別実験実習
英文名Research on Advanced Topics in Wildlife science
科目概要生物環境科学専攻(修士課程)1年次通年、必修、実験、5単位(225時間)
生物環境科学専攻(修士課程)2年次通年、必修、実験、5単位(225時間)
担当者(◎は科目責任者,※は実務経験のある教員) ◎進藤 順治 (※)岡田 あゆみ担当者全員
講義室野生動物学研究室
備考生物環境科学専攻(修士課程)主科目

授業の目的

研究課題について仮説と計画に基づいて調査・実験し,得られた結果から総合的に考察する能力を修得する。

教育内容

野生動物学特別実験実習は、修士論文に関わる調査・研究を行い、その結果を整理の仕方など論文作成に関する内容を説明する。

教育方法

研究内容の計画、観察結果、データーの解釈などディスカッションを行い、また、プレゼンテーションを通して整理された要件を確認していく。

卒業・学位授与の方針と当該科目の関連

〇1.自然環境と動植物を含めた環境の保全・創造に関する高度な知識と技術の修得
 2.豊かな人間性と環境倫理
〇3.問題解決能力
〇4.デザイン能力
 5.社会に貢献できる高度な技術者あるいは研究者になる能力

授業内容(シラバス)

学年回/7.5h項目内容担当者
1年1回研究の立案研究課題の設定に関する背景の調査担当者全員
2回研究の立案研究課題の設定に関する基礎的な文献調査担当者全員
3回研究の立案研究課題の設定に関する文献よりキーワードの抽出担当者全員
4回研究の立案研究課題の設定に関するキーワードを用いた文献調査担当者全員
5回研究の立案研究課題の設定に関する研究動向と文献等を調査し問題点の抽出担当者全員
6回研究の立案研究立案に関するプレゼンテーション担当者全員
7回実験計画研究課題に対する問題点の抽出担当者全員
8回実験計画研究課題を整理担当者全員
9回実験計画研究課題の解決のための計画の立案担当者全員
10回実験計画研究計画と仮説の設定担当者全員
11回実験計画研究計画と仮説の問題点の抽出担当者全員
12回実験計画研究課題に対する計画と仮説の整理担当者全員
13回予備実験と検証研究課題実施のための予備調査の計画担当者全員
14回予備実験と検証研究課題実施のための予備調査に必要な実験装置の修得担当者全員
15回予備実験と検証研究課題実施のための予備調査に必要な技術の修得担当者全員
16回予備実験と検証研究課題実施のための予備調査・実験の実施担当者全員
17回予備実験と検証研究課題実施のための予備調査・実験の検証担当者全員
18回予備実験と検証研究課題実施のための予備調査・実験を整理担当者全員
19回研究テーマの実施研究課題のための材料採取担当者全員
20回研究テーマの実施研究課題のための材料の整理担当者全員
21回研究テーマの実施研究材料の調整・保存担当者全員
22回研究テーマの実施研究課題のための調査実験の実施担当者全員
23回研究テーマの実施研究課題のための調査実験の実施担当者全員
24回研究テーマの実施研究課題のための調査実験の実施担当者全員
25回データーの解析と問題整理得られたデーターの整理担当者全員
26回データーの解析と問題整理得られたデーターの解析担当者全員
27回データーの解析と問題整理得られたデーターの検証担当者全員
28回データーの解析と問題整理得られたデーター問題点の抽出担当者全員
29回データーの解析と問題整理得られたデーターの問題整理担当者全員
30回研究課題の整理得られた結果についての考察とまとめのプレゼンテーション担当者全員
2年1回研究計画の検証問題解決と調査・実験結果を整理担当者全員
2回研究計画の検証問題解決と調査・実験結果を仮説担当者全員
3回研究計画の検証問題解決と調査・実験結果の仮説の検証担当者全員
4回実験の実施研究テーマに沿った新たな問題への実験準備担当者全員
5回実験の実施研究テーマに沿った新たな問題への実験機器の基礎的な知識の修得担当者全員
6回実験の実施研究テーマに沿った新たな問題への実験機器の修得担当者全員
7回実験の実施研究テーマに沿った新たな問題への実験担当者全員
8回実験の実施研究テーマに沿った新たな問題への実験結果のまとめ担当者全員
9回得られたデーターの解析結果の統計学的な解析 T検定担当者全員
10回得られたデーターの解析結果の統計学的な解析と検証 ANOVA担当者全員
11回得られたデーターの解析結果の統計学的な解析と検証 多変量解析担当者全員
12回得られたデーターの解析結果の統計学的な解析と検証を整理担当者全員
13回得られたデーターの解析結果の統計学的な解析のまとめ担当者全員
14回研究データーの検証と再実験結果の検証による問題点の抽出担当者全員
15回研究データーの検証と再実験結果の検証による問題点解決の追再実験を立案担当者全員
16回研究データーの検証と再実験結果の検証による追再実験の準備担当者全員
17回研究データーの検証と再実験結果の検証による追再実験の実施担当者全員
18回研究データーの検証と再実験追再実験の結果の整理担当者全員
19回研究データーの検証と再実験追再実験のまとめ 報告書の作成担当者全員
20回論文作成論文の構成担当者全員
21回論文作成論文資料の収集担当者全員
22回論文作成論文に必要な結果の整理担当者全員
23回論文作成序論の作成担当者全員
24回論文作成材料方法の作成担当者全員
25回論文作成結果の図表の作成担当者全員
26回論文作成結果の作成担当者全員
27回論文作成考察の作成担当者全員
28回論文作成論文の校正担当者全員
29回論文作成論文の作成と公表の準備担当者全員
30回論文作制論文内容のプレゼンテーションの作成担当者全員

到達目標

研究課題について計画に基づいた調査・実験ができ,結果から総合的に考察し,発表することができる。

評価方法

研究成果の要約力,論文としてまとめる能力及びプレゼンテーション能力から判定する。
研究成果に対して教員学生間で議論を行う。

準備学習(予習・復習等)

【授業時間外に必要な学習時間:-時間】
<予習>次回の授業範囲を予習し、専門用語の意味等を理解しておくこと。
<復習>授業後に、当日の授業で扱ったテーマについて聞き取りを行い、考察をまとめること。

その他注意事等

研究活動に関する質問・相談は随時

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書教員がプリントを準備する。
参考書(なし)