水環境学特論
英文名Advanced Water Environment
科目概要生物環境科学専攻(修士課程)1年次前期、選択、講義、3単位(45時間)
生物環境科学専攻(修士課程)2年次前期、選択、講義、3単位(45時間)
担当者(◎は科目責任者,※は実務経験のある教員) ◎樽屋 啓之 (※)
講義室本館A棟5階共用セミナー室(A55・A56)
備考生物環境科学専攻(修士課程)主科目
1年次または2年次にて履修する

授業の目的

人類や野生動物の生活に必要不可欠な水域環境について,水路システム工学と水文循環に基づく基礎と演習により、流域環境の概念とその保全方法を習得する。受講者が現場の問題を持ち寄り、解決方法についてディスカッションできるようになる。

教育内容

地元にある豊富な水環境の現場や営みを紹介し、実際に訪れ調べさせること、地元 との交流等を通じて座学での理解を深める。日本が世界に誇る歴史的水環境の現場である三本木開拓の 存在を通して、地域における水環境の重要性を学ぶ。日本各地にある類似の水環境、世界各国の類似の水環境についても視野を広げて学ぶ。

教育方法

各回の講義の冒頭では、関連する地域 の実例や関連文献の紹介を通じて、受講生の地元や地域に対する理解を深めさせる。適時レポート課題等を通じて受講生との双方向学習に活用する。連続回の講義とディスカッションによってフィードバックする。

卒業・学位授与の方針と当該科目の関連

授業内容(シラバス)

学年回/1.5h項目内容担当者
1年又は2年第1回水循環システムの概念システムの概念、水路システムの灌漑における役割、水路システムと事業樽屋 啓之
第2回水路システムの構造と機能(1)水路システムの構造と水理ユニット樽屋 啓之
第3回水路システムの構造と機能(2)水路システムの主要構成要素樽屋 啓之
第4回水路システムの構造と機能(3)水路システムの類型化樽屋 啓之
第5回水路システムの構造と機能(4)水路システムの機能と性能樽屋 啓之
第6回水路システムの水管理と操作・運用(1)水管理の類型樽屋 啓之
第7-8回水路システムの水管理と操作・運用(2)水管理の対象と範囲、具体的行動、実態調査の方法樽屋 啓之
第9回水路システムの水管理と操作・運用(3)取水制御の原理と種類樽屋 啓之
第10回水路システムの配水管理配水の分類・計画方式、分水制御方式樽屋 啓之
第11回水路システムの流量制御(1)水路の操作と制御の概念、開水路の流量制御方式、用水到達時間と操作損失樽屋 啓之
第12回水路システムの流量制御(2)調整池の機能、開水路系の水管理方式樽屋 啓之
第13-14回水路システムの流量制御(3)パイプラインの流量制御方式、上流制御方式、下流制御方式樽屋 啓之
第15-16回水路システムの設計の基本(1)人工物設計の一般原則、灌漑システム設計の基本、技術仕様に基づく設計法、樽屋 啓之
第17回水路システムの設計の基本(2)機能性能に基づいた設計法樽屋 啓之
第18回水路システムの機能保全(1)ストックマネジメントと性能評価樽屋 啓之
第19回水路システムの機能保全(2)水利用機能調査の方法樽屋 啓之
第20回水路システムの機能保全(3)水理機能の現地調査の方法樽屋 啓之
第21回水文量の時系列解析(1)水文時系列データ樽屋 啓之
第22回水文量の時系列解析(2)時系列モデル樽屋 啓之
第23回流出システムのモデル化(1)流出システムと流出モデル樽屋 啓之
第24回流出システムのモデル化(2)流出系を構成する様々な要素モデル樽屋 啓之
第25-26回流出システムのモデル化(3)集中型流出モデル、分布型流出モデル樽屋 啓之
第27回流出システムのモデル化(4)ダム流出制御モデル樽屋 啓之
第28回歴史的灌漑システムの評価世界における水資源開発と都市・農村開発の歴史樽屋 啓之
第29-30回三本木開拓の流域管理的評価持続可能社会の構築に向けて樽屋 啓之

到達目標

水路システム工学や水文水循環の基礎について理解できる。水域環境における様々な物質循環過程が理解できる。流域をベースに水の循環を辿ることにより、人間が自然に関わり水環境の一部を開発しコントロールしてきた歴史を理解することができる。同時に、自然災害に対する歴史的な人類の営みを理解することができる。

評価方法

講義とディスカッションを通じて生じた疑問を、次回の講義までの課題とし、レポート課題(50%)とプレゼンテーション(50%)によって解決する過程を評価する。

準備学習(予習・復習等)

「予習」「復習」:自分の関連する研究テーマについて問題意識をもち、講義に持ち寄る。

その他注意事等

(なし)

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書毎回資料を配布する。
参考書(なし)