緑地環境学特論
英文名Advanced Landscape Architecture and Conservatioin
科目概要生物環境科学専攻(修士課程)1年次前期、選択、講義、3単位(45時間)
生物環境科学専攻(修士課程)2年次前期、選択、講義、3単位(45時間)
担当者(◎は科目責任者,※は実務経験のある教員) 
講義室本館A棟5階共用セミナー室(A55・A56)
備考生物環境科学専攻(修士課程)主科目
1年次または2年次にて履修する

授業の目的

緑地の種類と特徴、そこの生息する野生動物の生態および保全策が説明できる。

教育内容

緑地を植生によって森林・草原・湿地・砂漠などに分けて,それぞれの分布や生態学的な特徴,生息する動物の種類と保全策について講義する。

教育方法

基本的に,パワーポイントとその資料を用いて講義する。合わせて,これまで研究室で行ってきた関連する研究内容を紹介する。

卒業・学位授与の方針と当該科目の関連

生物環境科学専攻のディプロマポリシーの中でも,「自然環境と動植物を含めた環境の保全・創造に関する高度な専門知識と技術」の習得に関連している。

授業内容(シラバス)

学年回/1.5h項目内容
1年又は2年1回緑地の生態と利活用(1) 草地の種類と分布
2回緑地の生態と利活用(2) 草地の生態と利用
3回緑地の生態と利活用(3)森林の種類と分布
4回緑地の生態と利活用(4) 森林の生態と利用
5回湿地の保全と活用(1)湿地の種類とラムサール条約に基づく保全活動
6回湿地の保全と活用(2) 湿地の植生と生物多様性
7回湿地の保全と活用(3) ラムサール登録湿地仏沼の歴史と管理
8回湿地の保全と活用(4) 絶滅危惧種オオセッカの生態と保全①
9回湿地の保全と活用(5) 絶滅危惧種オオセッカの生態と保全②
10回生物多様性の危機と保全(1) 生物多様性条約に基づく保全活動
11回生物多様性の危機と保全(2) ビオトープの設計と創出
12回生物多様性の危機と保全(3)ビオトープを活用した生物多様性の保全(水生昆虫)
13回生物多様性の危機と保全(4) ビオトープを活用した生物多様性の保全(鳥類と哺乳類)
14回草原の沙漠化とその保全(1) 中国内モンゴルにおける慌漠草原の生態
15回草原の沙漠化とその保全(2) 草原の沙漠化とその保全策
16回大量絶滅の歴史と現在(1)これまでの生物の進化と大量絶滅の歴史
17回大量絶滅の歴史と現在(2)第六の大量絶滅の始まり
18回大量絶滅の歴史と現在(3)外来生物の影響と絶滅危惧種の増加
19回都市の生活環境と緑化の役割(1)都市の生活環境の特徴と植物の役割
20回都市の生活環境と緑化の役割(2)都市緑化の種類と造成(1)
21回都市の生活環境と緑化の役割(3)都市緑化の種類と造成(2)
22回国土保全緑化の種類と役割(1)国土保全緑化の種類
23回国土保全緑化の種類と役割(2)のり面緑化の種類と造成
24回国土保全緑化の種類と役割(3)治山砂防緑化の種類と造成
25回生態系保全緑化の種類と造成(1)生態系保全緑化の種類
26回生態系保全緑化の種類と造成(2)水辺の生態系保全緑化
27回生態系保全緑化の種類と造成(3)草原の生態系保全緑化
28回生態系保全緑化の種類と造成(4)森林の生態系保全緑化
29回室内緑化の種類と機能(1)室内緑化の必要性
30回室内緑化の種類と機能(2)室内緑化の効用

到達目標

生態系のバランスと生物多様性の保全し健全な環境を維持するための理論構築ができる。

評価方法

評価は毎回のレポートで判断する。

準備学習(予習・復習等)

<予習>次回の授業範囲を予習し、専門用語の意味等を理解しておく。必要時間:1~2時間
<復習>授業後に、当日の授業で扱ったテーマについて聞き取りを行い、考察をまとめる。必要時間:30分~1時間

その他注意事等

(なし)

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書文献・資料を配布する。
参考書(なし)