農地環境学特別実験実習
英文名Research on Advanced Topics in Environmental Land Reclamation
科目概要生物環境科学専攻(修士課程)1年次通年、必修、実験、5単位(225時間)
生物環境科学専攻(修士課程)2年次通年、必修、実験、5単位(225時間)
担当者(◎は科目責任者,※は実務経験のある教員) ◎森 淳 (※)髙松 利恵子落合 博之担当者全員
講義室農地環境学研究室
備考生物環境科学専攻(修士課程)主科目

授業の目的

研究課題について仮説と計画に基づいて調査・実験し、得られた結果から総合的に考察できる。

教育内容

自然環境と動植物を含めた環境の保全・創造に関する、特に食料生産の場である農地における整備に関する実験実習を行う。

教育方法

室内実験および野外での実習を行う。

卒業・学位授与の方針と当該科目の関連

〇A:生物環境科学とその関連分野の高度な知識の習得
◎B:専門の技術と手法を習得するための特別実験実習
〇C:問題解決能力とデザイン能力を習得するための過程を重視した学位論文の作成
◎は特に関連するもの、〇は関連するもの

授業内容(シラバス)

学年回/7.5h項目内容担当者
1年1回研究の立案(1)研究課題の設定に関する研究動向と文献等の調査(1)担当者全員
2回研究の立案(2)研究課題の設定に関する研究動向と文献等の調査(2)担当者全員
3回研究の立案(3)研究課題の設定に関する研究動向と文献等の調査(3)担当者全員
4回研究の立案(4)研究課題の設定に関する研究動向と文献等の調査(4)担当者全員
5回研究の立案(5)研究課題の設定に関する研究動向と文献等の調査(5)担当者全員
6回研究の立案(6)研究課題の設定に関する研究動向と文献等の調査(6)担当者全員
7回実験計画(1)研究計画と仮説の設定(1)担当者全員
8回実験計画(2)研究計画と仮説の設定(2)担当者全員
9回実験計画(3)研究計画と仮説の設定(3)担当者全員
10回実験計画(4)研究計画と仮説の設定(4)担当者全員
11回実験計画(5)研究計画と仮説の設定(5)担当者全員
12回実験計画(6)研究計画と仮説の設定(6)担当者全員
13回調査・実験(1)研究課題実施のための調査・実験とその検証(1)担当者全員
14回調査・実験(2)研究課題実施のための調査・実験とその検証(2)担当者全員
15回調査・実験(3)研究課題実施のための調査・実験とその検証(3)担当者全員
16回調査・実験(4)研究課題実施のための調査・実験とその検証(4)担当者全員
17回調査・実験(5)研究課題実施のための調査・実験とその検証(5)担当者全員
18回調査・実験(6)研究課題実施のための調査・実験とその検証(6)担当者全員
19回実験(1)研究テーマの実施 研究課題のための調査実験の実施(1)担当者全員
20回実験(2)研究テーマの実施 研究課題のための調査実験の実施(2)担当者全員
21回実験(3)研究テーマの実施 研究課題のための調査実験の実施(3)担当者全員
22回実験(4)研究テーマの実施 研究課題のための調査実験の実施(4)担当者全員
23回実験(5)研究テーマの実施 研究課題のための調査実験の実施(5)担当者全員
24回実験(6)研究テーマの実施 研究課題のための調査実験の実施(6)担当者全員
25回問題整理(1)得られたデーターの解析と問題整理(1)担当者全員
26回問題整理(2)得られたデーターの解析と問題整理(2)担当者全員
27回問題整理(3)得られたデーターの解析と問題整理(3)担当者全員
28回問題整理(4)得られたデーターの解析と問題整理(4)担当者全員
29回問題整理(5)得られたデーターの解析と問題整理(5)担当者全員
30回問題整理(6)得られたデーターの解析と問題整理(6)担当者全員
2年1回研究計画の検証(1)実験結果から仮説の検証(1)担当者全員
2回研究計画の検証(2)実験結果から仮説の検証(2)担当者全員
3回研究計画の検証(3)実験結果から仮説の検証(3)担当者全員
4回研究計画の検証(4)実験結果から仮説の検証(4)担当者全員
5回研究計画の検証(5)実験結果から仮説の検証(5)担当者全員
6回研究計画の検証(6)実験結果から仮説の検証(6)担当者全員
7回実験(1)研究テーマに沿った実験の実施(1)担当者全員
8回実験(2)研究テーマに沿った実験の実施(2)担当者全員
9回実験(3)研究テーマに沿った実験の実施(3)担当者全員
10回実験(4)研究テーマに沿った実験の実施(4)担当者全員
11回実験(5)研究テーマに沿った実験の実施(5)担当者全員
12回実験(6)研究テーマに沿った実験の実施(6)担当者全員
13回データの解析(1)結果の数学的な解析と検証(1)担当者全員
14回データの解析(2)結果の数学的な解析と検証(2)担当者全員
15回データの解析(3)結果の数学的な解析と検証(3)担当者全員
16回データの解析(4)結果の数学的な解析と検証(4)担当者全員
17回データの解析(5)結果の数学的な解析と検証(5)担当者全員
18回データの解析(6)結果の数学的な解析と検証(6)担当者全員
19回データの検証と再実験(1)結果の検証による追再実験(1)担当者全員
20回データの検証と再実験(2)結果の検証による追再実験(2)担当者全員
21回データの検証と再実験(3)結果の検証による追再実験(3)担当者全員
22回データの検証と再実験(4)結果の検証による追再実験(4)担当者全員
23回データの検証と再実験(5)結果の検証による追再実験(5)担当者全員
24回論文作成(1)論文の作成と公表の準備(1)担当者全員
25回論文作成(2)論文の作成と公表の準備(2)担当者全員
26回論文作成(3)論文の作成と公表の準備(3)担当者全員
27回論文作成(4)論文の作成と公表の準備(4)担当者全員
28回論文作成(5)論文の作成と公表の準備(5)担当者全員
29回論文作成(6)論文の作成と公表の準備(6)担当者全員
30回論文作成(7)論文の作成と公表の準備(7)担当者全員

到達目標

研究課題について計画に基づいた調査・実験ができ、総合的に考察し、発表ができる。

評価方法

研究課題のテーマ、仮説、実証手順、研究成果の要約力、論文としてまとめる能力及びプレゼンテーション能力から判定する。
フィードバックについては,次回の授業で課題の中の特徴的な見解や誤解についてコメントする。

準備学習(予習・復習等)

【授業時間外に必要な学習の時間:60時間】
予習:次回の授業範囲を予習し、専門用語の意味等を理解しておくこと。
復習:授業後に、当日の授業で扱ったテーマについて聞き取りを行い、考察をまとめること。

その他注意事等

(なし)

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書適宜資料を配布する。
参考書(なし)