環境情報学特論
英文名Advanced Environmental Information
科目概要生物環境科学専攻(修士課程)1年次集中、選択、講義、2単位(30時間)
生物環境科学専攻(修士課程)2年次集中、選択、講義、2単位(30時間)
担当者(◎は科目責任者,※は実務経験のある教員) ◎渡邉 修
講義室本館A棟5階共用セミナー室(A55・A56)
備考生物環境科学専攻(修士課程)関連科目
1年次または2年次にて履修する

授業の目的

環境問題は我々が生活する地域から地球全体まで様々なレベルで存在する。環境情報はインターネットを通じて大量に存在するが、どういった情報が有用でどのような判断が可能か、データを見つめて自分で判断できるスキルの向上が必要である。この授業では、食料生産や環境問題に関わる事項を取り上げ、データ入手法と解析法を解説する。PCでフリーの解析アプリを操作しながら環境情報を高度に取り扱う技術の習得を行う。

教育内容

教育方法

卒業・学位授与の方針と当該科目の関連

授業内容(シラバス)

学年回/1.5h項目内容担当者
1年又は2年1回イントロダクションイントロダクション渡邉 修
2回環境のモニタリング(1)GPSの仕組み渡邉 修
3回環境のモニタリング(2)GPSアプリを利用した情報収集渡邉 修
4回環境のモニタリング(3)観測波長とセンサー渡邉 修
5回環境のモニタリング(4)衛星リモトーセンシング渡邉 修
6回ドローンテクノロジー(1)ドローンの要素技術渡邉 修
7回ドローンテクノロジー(2)植生観測渡邉 修
8回ドローンテクノロジー(3)作物の生育診断渡邉 修
9回ドローンテクノロジー(4)空撮画像分類渡邉 修
10回植物の近接センシング(1)分光計測渡邉 修
11回植物の近接センシング(2)光合成機能渡邉 修
12回植物の近接センシング(3)クラウドを利用したデータ解析渡邉 修
13回環境科学のためのR統計(1)Rの基本とライブラリ渡邉 修
14回環境科学のためのR統計(2)一般化線形モデル渡邉 修
15回環境科学のためのR統計(3)決定木渡邉 修
16回有害生物管理(1)外来雑草の侵入経路渡邉 修
17回有害生物管理(2)外来雑草の管理技術渡邉 修
18回有害生物管理(3)鳥獣被害の実態渡邉 修
19回有害生物管理(4)LPWAによる罠センサー開発渡邉 修
20回まとめ最終レポート渡邉 修

到達目標

環境科学・情報科学に関する幅広い知識と技術を理解し、課題設定や問題解決に向けた取り組みを修得する。

評価方法

講義の小課題と最終レポートで100点満点で評価する。

準備学習(予習・復習等)

<予習>教材を入手し、各自読むこと。
<復習>授業内容のPDF等、資料は適宜WEBで確認すること。

その他注意事等

(なし)

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書(なし)
参考書環境科学と生態学のためのR統計Song S. Qian 著、大森浩二ら監訳共立出版
参考書植物の光合成・物質生産の測定とモデリング彦坂幸毅 著共立出版
参考書外来生物の生態学種生物学会 編文一総合出版
参考書農業リモートセンシング・ハンドブック秋山 侃ほか(編)システム農学会
参考書自然環境解析のためのリモートセンシング・GISハンドブック長澤良太ほか(編)古今書院