草地生態学特論
英文名Advanced Ecology of Grassland
科目概要生物環境科学専攻(修士課程)1年次集中、選択、講義、2単位(30時間)
生物環境科学専攻(修士課程)2年次集中、選択、講義、2単位(30時間)
担当者(◎は科目責任者,※は実務経験のある教員) ◎築城 幹典
講義室本館A棟5階共用セミナー室(A55・A56)
備考生物環境科学専攻(修士課程)関連科目
1年次または2年次にて履修する

授業の目的

草地生態系の持つ多面的な機能を理解するために、その評価法および保全のための管理法などについて理解し、動物生産や生物多様性保全などに配慮した草地生態系維持管理方法を修得する。

教育内容

草地生態系の持つ多面的な機能に注目し、その評価法および保全のための管理法などについて講義する。

教育方法

講義形式
板書とスライドを待つようしながら講義形式で進める。

卒業・学位授与の方針と当該科目の関連

授業内容(シラバス)

学年回/1.5h項目内容担当者
1年又は2年1回植生調査植生調査の目的と方法築城 幹典
2回リモートセンシングリモートセンシングの基礎築城 幹典
3回リモートセンシングリモートセンシングによる植生動態の推定築城 幹典
4回生産の種類と推定法生産の種類と推定法築城 幹典
5回温暖化と植物生産評価方法築城 幹典
6回温暖化と植物生産適応策築城 幹典
7回温暖化と植物生産緩和策築城 幹典
8回植物の適応戦略植物の適応戦略築城 幹典
9回環境影響環境影響の評価手法の歴史築城 幹典
10回環境影響環境影響の評価手法築城 幹典
11回環境影響環境影響の統合化築城 幹典
12回環境影響環境影響評価の利用築城 幹典
13回生物多様性生物多様性の評価手法築城 幹典
14回生物多様性指標生物築城 幹典
15回生物多様性生物多様性オフセット築城 幹典
16回放射性物質放射性物質の基礎築城 幹典
17回放射性物質放射性物質の影響築城 幹典
18回放射性物質放射性物質の植物への移行築城 幹典
19回放射性物質放射性物質の動物への移行築城 幹典
20回放射性物質放射性物質の動態モデル築城 幹典

到達目標

草地生態系の持つ多面的な機能を理解し、その評価法および保全のための管理法を習得することができる。

評価方法

レポート(100%)

準備学習(予習・復習等)

<予習>次回の授業範囲を予習し、専門用語の意味等を理解しておくこと。
<復習>授業後に、当日の授業で扱ったテーマについて聞き取りを行い、考察をまとめること。

その他注意事等

(なし)

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書文献・資料を配布する。
参考書(なし)