動物科学概論
英文名Introduction to Animal Science
科目概要生物環境科学科2年後期 [水曜日3時限(週1コマ)]、2群科目、必修、講義、2単位(30時間)
担当者(◎は科目責任者,※は実務経験のある教員) ◎向井 孝夫有原 圭三 (※)久保田 浩司濱野 美夫山﨑 淳未定
講義室831講義室
JABEE認定プログラム履修の手引き(表3・14)との関連B

教員免許取得のための必修科目

科目教科に関する科目(高等学校 農業)
施行規則に定める科目区分
  • 農業

授業の目的

動物科学概論では、畜産を中心として利活用されてきた資源動物に関わる学問を体系的に講義する。畜産とは、農業の一部門であり、家畜とその生産物の利用を目的に家畜を飼養する営みである。近年における我が国の畜産は加工業的畜産として発展してきたため、家畜本来の動物としての姿がややもすると失われがちであったが、これを見直す動きも出てきている。また、家畜の健康と福祉や、環境保全の観点から、経済性のみを追及する畜産には再考が迫られている。畜産学は畜産業への対応を重視するものであるが、それに止まらず動物生命科学への貢献も求められており、畜産科学、応用動物科学を含めた幅広い畜産学として、家畜生産機能向上分野、飼料・飼養・管理分野および畜産食品科学分野について理解する。

授業内容(シラバス)

項目内容担当者日時
1動物科学概論の概要人類が動物を利活用してきた歴史と現状、現在の諸問題について概要説明向井 孝夫
9/25③
2動物栄養学1栄養素の種類や機能濱野 美夫
10/2③
3動物栄養学2各資源動物における栄養素の消化、吸収、利用の特徴濱野 美夫
10/9③
4動物育種学動物(家畜)の群をより効率の高い群へと遺伝的に改良する原則未定
10/16③
5動物生殖学1生命の誕生にかかわる神秘の現象である生殖の仕組み未定
10/23③
6動物生殖学2動物の生殖と開発されてきた生殖工学技術未定
10/30③
7動物細胞工学1有用動物の作出につながる細胞工学について解説する。久保田 浩司
11/6③
8動物細胞工学2 幹細胞を用いた細胞工学と動物科学の発展について解説する。久保田 浩司
11/13③
9動物微生物学1動物やヒトを取り巻く微生物の病原性、人獣共通感染症向井 孝夫
11/20③
10動物微生物学2動物やヒトを取り巻く微生物の有用性、物質循環における役割向井 孝夫
11/27③
11家畜品種論 家畜の成立と世界で利用されている家畜の種類、用途山﨑 淳
12/4③
12動物飼育管理学1 動物飼育管理学とは-家畜の一生からみる動物飼育管理学山﨑 淳
12/11③
13動物飼育管理学2家畜の食性-草食家畜である反すう動物の特徴を消化機能からみると山﨑 淳
12/18③
14食品機能安全学1人と動物の共存。動物性食料資源の確保の観点から考える。有原 圭三
1/8③
15食品機能安全学2食品の新しい機能の開発研究と研究成果など有原 圭三
1/22③

到達目標

①動物性食料生産に利活用される動物の種類、機能の概要について説明できる。
②動物生産の概要について説明できる。
③動物生産と環境保全に関わる諸問題の概要について説明できる。
④動物生産物である畜産食品の有用性や機能について説明できる。

評価方法

試験方法:筆記試験  実施時期:試験期間内
定期試験で評価する。欠席は減点する。

準備学習(予習・復習等)

<予習>下記に示す参考書のうち、最低1冊は目を通して、畜産学に関する理解を深めておくこと。
<復習>興味のある内容については、各担当教員からも参考書籍を紹介できるので、事後学習に利用していただきたい。

その他注意事等

(なし)

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書(なし)
参考書最新畜産学水間 豊 他編朝倉書店
参考書食べ物としての動物たち伊藤 宏講談社
参考書品種改良の世界史正田陽一 編悠書館