陸水学
英文名Limnology
科目概要生物環境科学科2年後期 [金曜日3時限(週1コマ)]、3群科目、必修、講義、2単位(30時間)
担当者(◎は科目責任者,※は実務経験のある教員) ◎眞家 永光
講義室831講義室
JABEE認定プログラム履修の手引き(表3・14)との関連E

授業の目的

生命活動に必要な水について、各種水域生態系の構造と物質循環、および水質保全に関する基礎と応用を習得する。

授業内容(シラバス)

項目内容担当者日時
1世界の水資源世界における水資源の分布と循環,水利用眞家 永光
10/12③
2日本の水資源日本の水資源と水利用眞家 永光
10/19③
3河川(1)河川環境の構造眞家 永光
10/26③
4河川(2)河川における物質とエネルギーの循環眞家 永光
11/2③
5湖沼(1)湖沼の生成,湖沼の物理的構造眞家 永光
11/9③
6湖沼(2)湖沼の化学眞家 永光
11/16③
7湖沼(3)窒素循環,リン循環眞家 永光
11/21③
8湖沼(4)湖沼の生態学眞家 永光
11/30③
9水田潅漑(1)稲作形態と灌漑水田,水田灌漑の意義眞家 永光
12/7③
10水田潅漑(2)用水量の計算眞家 永光
12/14③
11畑地灌漑(1)用水計画,眞家 永光
12/21③
12畑地灌漑(2)畑地灌漑の方法眞家 永光
12/21④
13陸水の水質水質項目,環境基準眞家 永光
1/11③
14水質保全汚水処理,水質浄化眞家 永光
1/17③
15陸水の生物地球化学溶存有機物の起源,動態,機能眞家 永光
1/23③

到達目標

① 河川環境の構造と物質循環に関する基礎が理解できるようになる。
② 湖沼環境の構造と物質循環に関する基礎が理解できるようになる。
③ 水田生態系と物質循環に関する基礎が理解できるようになる。
④ 水田灌漑の基礎と計画の考え方が理解できるようになる。
⑤ 水質項目と水質浄化について理解できるようになる。

評価方法

定期試験より評価を行う。

準備学習(予習・復習等)

Moodle上にある資料から、各回の授業内容に関連する箇所を読んでくること。また,授業後は各自復習をして理解を深めること。わからない点があったら、オフィスアワーやメールを利用して、積極的に質問すること。

その他注意事等

水域環境は、生命活動の基本です。大いに興味を持って受講してください。講義中以外の質問は、研究室(7号棟4階)まで来室ください。オフィスアワーは平日の18時までです。

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書(なし)
参考書水利環境工学丸山利輔ら 朝倉書店
参考書陸水学 アレキサンダー・J・ホーン/チャールス・R・ゴールドマン 京都大学学術出版会
参考書川富伊豆海を見る・知る・探る 陸水学入門 日本陸水学会編地人書館 
参考書清らかな水のためのサイエンス -水質環境学― 水質環境学編集委員会 農業土木学会 三報印刷