分子生物学
英文名Molecular Biology
科目概要生物環境科学科3年後期 [火曜日1時限(週1コマ)]、3群科目、必修、講義、2単位(30時間)
担当者(◎は科目責任者,※は実務経験のある教員) ◎岡田 あゆみ
講義室841講義室
JABEE認定プログラム履修の手引き(表3・14)との関連B

授業の目的

分子生物学の基礎を理解する。DNAの構造、複製、発現が生物の機能とどのように関連するのかを理解する。生物群によって遺伝様式や性決定システムがことなることを理解する。これらの知識をもとに、遺伝的多様性の重要性を理解することを目標とする。

授業内容(シラバス)

項目内容担当者日時
1分子生物学の応用範囲生態学分野における分子生物学の役割岡田 あゆみ
9/21①
2遺伝現象の基礎Ⅰゲノムの構造、遺伝子発現のプロセス岡田 あゆみ
10/2①
3遺伝現象の基礎Ⅱ細胞分裂、無性生殖、有性生殖、性決定システムの多様性岡田 あゆみ
10/16①
4遺伝現象の基礎Ⅲ繁殖、メンデルの遺伝法則、突然変異、変異の発生要因岡田 あゆみ
10/23①
5遺伝現象の基礎Ⅳ集団遺伝学岡田 あゆみ
10/23①
6遺伝様式の多様性無性生殖、有性生殖、性決定システムの多様性岡田 あゆみ
10/30①
7DNA分析の手法Ⅰ分析の基本技術、抽出と増幅、塩基配列の決定岡田 あゆみ
11/13①
8DNA分析の手法Ⅱ様々なマーカー岡田 あゆみ
11/20①
9DNA分析の手法ⅠII個体レベルの解析、血縁判定岡田 あゆみ
12/4①
10系統の解析分子系統学の基礎、塩基置換モデル岡田 あゆみ
12/11①
11系統樹の作成Ⅰ遺伝距離、距離行列法岡田 あゆみ
12/18①
12系統樹の作成Ⅱ形質状態法岡田 あゆみ
1/8①
13その他の多型情報の解析フラグメント、一塩基多型などの解析岡田 あゆみ
1/15①
14生物多様性保全における分子的手法の成果I分子的手法による生物分類の再定義岡田 あゆみ
1/29①
15生物多様性保全における分子的手法の成果II日本の哺乳類の系統分類および系統地理岡田 あゆみ

到達目標

1) DNAの構造から発現まで、分子生物学の基礎を理解できるようになる。
2) 遺伝様式を理解できるようになる。
3) 集団遺伝学の基礎を理解できるようになる。

評価方法

提出物(20点)、定期試験(80点)により評価する。

準備学習(予習・復習等)

配布プリントの該当箇所を事前に熟読しておくこと。講義後には復習のため課題を課すので、期限までに提出すること。

その他注意事等

興味を持って積極的に授業に参加して下さい。
【オフィスアワー】電話(0176-24-4371 内線472)、メール(okada@vmas.kitasato-u.ac.jp)で事前に連絡されることを推奨します。

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書なし
参考書「生態学者が書いたDNAの本」井鷺、陶山著 文一総合出版
参考書「系統地理学」種生物学会 (編) 文一総合出版