動物総合科学実習
英文名Practice in Comprehensive Animal Science
科目概要生物環境科学科3年前期 [金曜日4・5時限(週2コマ)]、3群科目、選択、実習、1単位(45時間)
担当者(◎は科目責任者,※は実務経験のある教員) 
講義室841講義室、実験実習家畜棟、FSC十和田農場

授業の目的

家畜としての動物は人間の食料資源や労役として、長い年月をかけて改良が行われ多数の品種や系統が造成されてきた。本実習では、家畜の品種・用途ならびに家畜の見方、接し方・扱い方について、具体的な飼育管理作業を体験する。また飼料生産方法、農牧場内作業で用いる機械・管理器具等の名称・用途および扱いについて習得する。

授業内容(シラバス)

項目内容日時
1オリエンテーション実習全体の概要、畜産の概要について4/6
2家畜の飼養管理牛・豚・羊・山羊の飼養管理技術を知る4/13
3家畜の品種と特徴牛・豚・羊・山羊の各品種と特徴を知る4/20
4家畜の特徴乳牛の斑紋をスケッチして各個体毎の特徴を知る4/27
5自給粗飼料の生産と牧草地の管理飼料用トウモロコシの作付け、牧草収穫作業機の説明、牧草の刈り取り作業の見学、草地管理作業(雑草の防除)の体験5/11
6馬の歩様馬の基礎知識、スポーツや福祉分野での利用効果と密接に関連する馬の歩様について知る5/18
7羊の剪毛羊の体格等の基礎知識を習得し、保定、誘導などの基本的な扱い方を知り、剪毛を体験する5/25
8家畜の管理牛の保定、誘導など基本的な扱い方および直腸検査を体験し、家畜の生産管理を知る6/1
9家畜の審査肉用牛の体尺測定、肉用牛の見方、審査方法を学ぶ6/8
10畜舎内の環境各家畜毎の畜舎の特徴とそれを取り巻く環境について知る6/15
11家畜の健康家畜管理に必要な処置方法(去勢)を知る6/22
12牧草地の管理牧草の朱里、貯蔵自給飼料の収穫方法と貯蔵方法について知る6/29
13家畜の個体識別個体管理の技術である肉用牛の鼻紋採取および旋毛の確認を体験7/6
14酪農業とは乳牛の一生と乳生産の概要を知る7/13
15学習のまとめ実習全般の補足説明、海外の特徴ある家畜の紹介7/20

到達目標

獣医学部の学生として中・大家畜を扱える基礎を身につけることで、中・大家畜を扱う際に、自身は恐怖心などを持たず、かつ扱われた家畜がストレスを感じない扱いができる。

評価方法

全15回の内10回の実習レポートにより評価(10点×10回)(割合:100%)。

準備学習(予習・復習等)

図書館に家畜の管理、家畜の品種、動物の病気、草地管理、飼料学等に関する図書があるので利用して、事前に家畜の管理法、給与飼料等について予習して下さい。わからない点があったら、オフィスアワーやメールを利用して、積極的に質問すること。

その他注意事等

実習は中大動物・機器を扱う実習のため、受講態度としては自分自身と扱う動物に怪我や事故のないようにすること。そのために、動きやすく汚れを気にしない服装や履き物を着用する。畜舎に入る時には、必要に応じて履き物・身体・手指の消毒を行う。また動物を扱う時には恐がらず、かつ恐がらせないように声をかけながら近づき、動物と十分コミュニケーションをとるように心がける。

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書動物総合科学実習テキスト東 善行編 動物栄養生理学研究室
参考書家畜の管理1 野附巌・山本禎紀編 文永堂