動物生体機構学
英文名Animal Morphology
科目概要生物環境科学科3年後期 [火曜日3時限(週1コマ)]、3群科目、選択、講義、2単位(30時間)
担当者(◎は科目責任者,※は実務経験のある教員) 
講義室841講義室

授業の目的

動物体を構成する器官の細胞、組織を機能と関連させながら学び、野生動物の体の構築を理解するための基本的知識を会得する。

授業内容(シラバス)

項目内容日時
1概説、細胞&組織学概説1生体機構学の意義、細胞の形状、上皮組織の構造と機能9/20①
2細胞&組織学概説2支持・結合組織、骨組織の構造と機能10/1①
3運動器官1骨格、関節および筋の構築と機能10/9①
4運動器官2筋組織の構造と機能10/15①
5消化器官1口唇、口腔器官、咽頭および食道の構造と機能10/23③
6消化器官2単胃、複胃および腸の構造と機能10/30③
7消化器官3唾液腺、肝臓、膵臓の構造と機能11/13③
8呼吸器官鼻、喉頭、気管、肺の構造と機能11/20③
9泌尿器&雄の生殖器官腎臓、尿管、膀胱、精巣、精管、尿道、陰茎の構造と機能12/4③
10雌の生殖器官卵巣、卵管、子宮、膣、胎盤の構造と機能12/11③
11内分泌器官視床下部、下垂体、甲状腺、副腎、その他の内分泌組織12/18③
12循環器心臓、血管、リンパ系の構造と機能1/8③
13神経系神経細胞、神経組織、中枢神経系、末梢神経系の構造と機能1/15③
14感覚器官視覚器、聴覚、平衡感覚器の構造と機能1/29③
15外皮系表皮、真皮、皮膚腺、乳腺の構造と機能

到達目標

①動物体を構築する細胞の形態や機能が理解できるようになる。
②動物体を構築する組織の構造や機能が理解できるようになる。
③動物体を構築する器官の構造や機能が理解できるようになる。
④動物体の構築を統括的に理解し、動物の体から多くの事を学ぶことができる。

評価方法

成績評価=定期試験(80%)+小テスト(20%)。欠席は1回につき5点減点。

準備学習(予習・復習等)

(予習)参考書「家畜比較解剖学」「獣医組織学」、または、配布プリントを参考に講義前に理解しておく
(復習)小問題の正解をその都度確認しておく。

その他注意事等

固有名詞が多いので大変かも知れませんが、繰り返しの学習で、動物体の構造と仕組みを理解しようとする努力が
必ず結実するという希望を持って辛抱強く頑張って下さい。

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書(なし)
参考書家畜比較解剖学第2版見上&武藤著:学窓社
参考書獣医組織学日本獣医解剖学会編学窓社