測量学実習Ⅱ
英文名Practice in Surveying Ⅱ
科目概要生物環境科学科3年後期 [木曜日3・4時限(週2コマ)]、3群科目、選択、実習、1単位(45時間)
担当者(◎は科目責任者,※は実務経験のある教員) ◎丹治 肇 (※)柿野 亘 (※)眞家 永光
講義室841講義室、コンピュータ実習室
JABEE認定プログラム履修の手引き(表3・14)との関連E、F

授業の目的

フィールドサイエンスの基礎となる情報を提供・加工するために必要な応用測量、すなわち空間情報工学の手法を習得する。具体的には、以下の教育目標の達成を目指す。
①地形測量や応用測量技術の基礎的事項を習得する。
②地理情報(QGIS)を活用した数値地形モデル基礎解析ができるようになる。

授業内容(シラバス)

項目内容担当者日時
1ガイダンス実習内容全体の概要、諸注意、ソフトウェア導入について丹治 肇
柿野 亘
眞家 永光
9/27④⑤
2QGIsのインストールソフトウェアをセットする。丹治 肇
柿野 亘
眞家 永光
10/4③④
3地理情報システム(1)ラスターとベクターデータの読み込みと表示丹治 肇
柿野 亘
眞家 永光
10/11③④
4地理情報システム(2)リモートセンシングを用いたラスターデータの取り扱い丹治 肇
柿野 亘
眞家 永光
10/18③④
5地理情報の観測1リモートセンシングを用いたカラー合成丹治 肇
柿野 亘
眞家 永光
10/25③④
6地理情報の観測2ラスターデータの切り出し丹治 肇
柿野 亘
眞家 永光
11/1③④
7地理情報の観測3ベクトルの表示、ポイントデータの作成と表示丹治 肇
柿野 亘
眞家 永光
11/8③④
8地理情報の観測4DEMの解析、傾斜角、解析結果の考察丹治 肇
柿野 亘
眞家 永光
11/15③④
9地理情報の観測5印刷丹治 肇
柿野 亘
眞家 永光
11/22③④
10地理情報の観測6紙の地図の読み込み丹治 肇
柿野 亘
眞家 永光
11/29③④
11地理情報の観測7ポリゴンの作成丹治 肇
柿野 亘
眞家 永光
12/6③④
12地理情報の観測8数値による色分け地図の作成①、品質マップ、NDVI植生指数丹治 肇
柿野 亘
眞家 永光
12/20③④
13地理情報の観測9数値による色分け地図の作成②、水質、クロロフィル丹治 肇
柿野 亘
眞家 永光
1/10③④
14地理情報の観測10地物の選択と編集丹治 肇
柿野 亘
眞家 永光
1/22③④
15総括全体を通じての補足丹治 肇
柿野 亘
眞家 永光

到達目標

QGISを用いた地理情報の基礎解析ができるようになる。

評価方法

成績評価については、レポートおよびGISによる解析進捗で評価する。理解度の確認のために期末テストを行う。再試験は原則行なわない。

準備学習(予習・復習等)

予習:トータルステーションとGISについては、事前に基礎知識を得ておく。
使用するソフトはQGISとRである。ノートPCを持っていない場合を想定してUSBでも作業ができるようにするが、できれば自分のノートPCにデスクトップ版のソフトをインストールして利用可能にしておくことを強くすすめる。
32GB以上のUSBメモリ―を事前に準備しておくこと。
復習:全体の流れを踏まえて体系的な理解(ソフト導入から解析まで)ができるように復習すること。

その他注意事等

(なし)

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書・An Introduction to GIS Using QGIS
教科書資料とデータをMooodleと計算基質のサーバーにアップする。
参考書Qgisのマニュアル類(最新版は英語)