測量学実習Ⅰ
英文名Practice in Surveying Ⅰ
科目概要生物環境科学科3年前期 [木曜日3・4時限(週2コマ)]、3群科目、選択、実習、1単位(45時間)
担当者(◎は科目責任者,※は実務経験のある教員) ◎森 淳 (※)落合 博之石橋 博則 (※)
講義室841講義室、生物環境科学科実験実習棟
JABEE認定プログラム履修の手引き(表3・14)との関連E、F

授業の目的

生物環境の保全や修復等を行うためには土地情報や地形などをより速く正確に把慢する必要がある。このための基礎的な測量技術について実習を介して理解することができる。

授業内容(シラバス)

項目内容担当者日時
1シラバスの説明、距離測量1)シラバスの説明および実習上の注意、2)測量器材の点検、3)測量ロープの検定、4)距離測量(目測、歩測、測量ロープとポールによる距離測量)森 淳
落合 博之
石橋 博則
4/5③④
2距離測量平坦地・傾斜地における測量森 淳
落合 博之
石橋 博則
4/12③④
3角測量(1)1)セオドライトの操作(点検、据え付け・操作法)、2)セオドライトによる単測法と倍角法森 淳
落合 博之
石橋 博則
4/19③④
4角測量(2)1)セオドライトによる方向法、2) トランシットによる単測法、3) 光波測距・測角儀による測距・測角・単測法森 淳
落合 博之
石橋 博則
4/26③④
5実技試験(1)三脚据付け試験森 淳
落合 博之
石橋 博則
5/10③④
6トラバース測量(1)1)踏査・選点・杭打ち、2)セオドライトと測量テープによる骨組み測量(測距・測角)(その1)森 淳
落合 博之
石橋 博則
5/17③④
7トラバース測量(2)セオドライトと測量テープによる骨'組み測量(その2)森 淳
落合 博之
石橋 博則
5/24③④
8トラバース測量(3)トラバース測量の内業(トラバース計算、製図)森 淳
落合 博之
石橋 博則
5/31③④
9実技試験(2)測角実技試験(セオドライト)森 淳
落合 博之
石橋 博則
6/7③④
10平板測量(1)1)平板の使用法(点検、据え付け・操作法)、2)放射法、3)導線法森 淳
落合 博之
石橋 博則
6/14③④
11平板測量(2)細部測量と製図森 淳
落合 博之
石橋 博則
6/21③④
12水準測量(1)1)レベルの操作(点検、据え付け・操作法)、2)閉合水準測量(昇降式)による標高決定森 淳
落合 博之
石橋 博則
6/28③④
13水準測量(2)2点間の高低差測量(器高式)による標高決定森 淳
落合 博之
石橋 博則
7/5③④
14水準測量(3)大学敷地内での路線測量森 淳
落合 博之
石橋 博則
7/12③④
15とりまとめ実施内容の取りまとめ、器材の点検・整備森 淳
落合 博之
石橋 博則
7/19③④

到達目標

①測量学の基礎理論と法則に基づいた方法で測量ができ、目的とした測量成果を得られる。
②測量器材の操作ができ、キャンパス内に埋設した標点の位置関係を求め、構内地形図を作成し、測量の基本を理解できる。

評価方法

レポート(40点)・実技試験(60点)で100点満点とする。
レポートの提出は必須である。
欠席に関しては進級規定第6項を適応する。

準備学習(予習・復習等)

予習は「測法学Ⅰ」で学んだ理論を中心に行い、専門用語や概念をマスターしておくこと。復習は道具の名称や使い方、計算方法について再度確認しておくこと。

その他注意事等

自主的、計画的に実験を行い、結果の整理、解析、考察を行ってレポートにまとめる。このため、電卓を持参する。野外実習ができる服装で臨むこと。実習中の質問は歓迎する。オフィスアワーは火曜日の実習後とするが質問がある場合は研究室でも対応する。

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書毎回、資料を配布する。
参考書エース測量学 福本武明ら 朝倉書店
参考書よくわかる測量実習 細川吉晴ら  コロナ社