測量学Ⅱ
英文名Surveying Ⅱ
科目概要生物環境科学科3年後期 [木曜日2時限(週1コマ)]、3群科目、選択、講義、2単位(30時間)
担当者(◎は科目責任者,※は実務経験のある教員) ◎丹治 肇 (※)
講義室841講義室
JABEE認定プログラム履修の手引き(表3・14)との関連E

授業の目的

測量学Ⅱでは、測量学Ⅰでこれまで学んだことが具体的な対象の中でどのように用いられるかを理解すると共に、ジオインフォマティックスを理解することを目的とする。
講義範囲は測量士補の試験の範囲を想定する。この範囲の知識の習得を目標とする。また、計算には計算手順を追跡しやすいように統計ソフトのRを追加う。Rの初歩的な利用ができるようになることを目標とする。

授業内容(シラバス)

項目内容担当者日時
1ガイダンス諸注意、ソフトウェア導入について丹治 肇
9/27③
2座標系と角度座標系と角度の計算丹治 肇
10/4②
3水準測量標高データの計算丹治 肇
10/11②
4面積計算面積の計算丹治 肇
10/18②
5座標系の種類と変換座標系の種類について理解する丹治 肇
10/25②
6GNSSGNSSの概要とGPSを理解する。丹治 肇
11/1②
7航空測量航空測量の概要を理解する。丹治 肇
11/8②
8路線測量路線測量の概要を理解する。丹治 肇
11/15②
9河川測量河川測量の概要を理解する。丹治 肇
11/22②
10GISの基本要素GISの基本要素、地物について理解する。丹治 肇
11/29②
11測量工程様々な測量の工程を比較し、理解する。丹治 肇
12/6②
12地図記号と地形図の読み方2017年に改訂された多言語表示を含めた地図記号および地形須の見方を復習する。丹治 肇
12/20②
13Rと空間・統計解析(1)Rにおける地図データの扱いができるようになる。丹治 肇
1/10②
14Rと空間・統計解析(2)空間統計モデルの初歩が計算堰るようになる。丹治 肇
1/22②
15総括全体を通じての補足丹治 肇

到達目標

①地図と座標系、基準点測量及び基準点等の理解と活用方法を理解する。
②GPS測量などの基礎事項を理解し、実践面への応用方法などの知識を習得する。
③GISの基礎を理解し、実践面への応用方法などの知識を習得する。

評価方法

レポートまたはMoodleの小テスト×定期試験(到達目標が達成できているかどうかを基準とする)
再試験は原則行わない。

準備学習(予習・復習等)

統計ソフトRを使うのでで、基礎的な扱いになれておくこと。

その他注意事等

測量学実習Ⅱとリンクするので、本講義は測量学実習Ⅱと合わせて受講することを強く勧める。
統計処理はUSBメモリでも対応可能にするが、できればノートパソコンを準備することが望ましい。
16GB以上(測量学実習Ⅱと共用する場合には32GB以上)のUSBメモリーを準備すること。

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書Moodleとサーバーで資料を配布する。
参考書(なし)