生物環境科学特定講義Ⅱ
英文名Special Topics in Environmental BioscienceⅡ
科目概要生物環境科学科4年集中 [集中]、3群科目、選択、講義、1単位(15時間)
担当者(◎は科目責任者,※は実務経験のある教員) ◎内田泰三
講義室開講時に掲示にて連絡

授業の目的

河川・屋上・のり面・公園ほかの設計と施工について

授業内容(シラバス)

項目内容担当者
1のり面緑化のり面の定義・造成・管理内田泰三
2公園緑化ターフの種類・導入・管理内田泰三
3水域緑化湿性域への緑の導入内田泰三
4屋上・壁面緑化人工構造物への緑の導入内田泰三
5緑化における外来種の是非外来種,在来種,自生種の関係・外来種(移入種)問題・ウィードリスクアセスメント内田泰三
6緑化におけるゼローエミッションとリサイクル埋土種子集団(シードバンク)の撒出し利用内田泰三
7緑化用植物としての種苗生産地域性種苗と,トレーサビリティーシステムおよびフードセーフティーチェーンの緑化体系への導入内田泰三
8住民参加型緑化ヨシ・アサザ・虫草を用いた住民参加型緑化内田泰三

到達目標

次の4点の理解を到達目標とする。 (1)造園と緑化の相違,(2)緑化の過去と現状,(3)緑化の意義,(4)地球環境問題の解決策

評価方法

レポート

準備学習(予習・復習等)

各項目について,書籍やインターネットなどで各自予習しておくこと

その他注意事等

(なし)

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書(なし)
参考書「生物多様性緑化ハンドブック」亀山章(監) 小林達明・倉本宣(編) 地人書館