水理学演習
英文名Applied Hydraulics
科目概要生物環境科学科3年前期 [月曜日1時限(週1コマ)]、3群科目、選択、演習、1単位(30時間)
担当者(◎は科目責任者,※は実務経験のある教員) ◎眞家 永光
講義室841講義室
JABEE認定プログラム履修の手引き(表3・14)との関連E

授業の目的

2年次の「水理学」および「水理学実験」で学んだ水の流れと性質について、演習を通して理解を深める。

授業内容(シラバス)

項目内容担当者日時
1ガイダンス、単位と次元、水の性質講義の概説、水理学に必要な単位と次元、水の性質 (第1章 総説)眞家 永光
4/9①
2静水圧(1)水の密度、表面張力、毛管現象 (第1章 総説)眞家 永光
4/16①
3静水圧(2)静水圧、圧力計の原理 (第2章 静水圧)眞家 永光
4/23①
4静水圧(3)パスカルの原理、水圧機の原理 (第2章 静水圧)眞家 永光
5/7①
5静水圧(4)力のモーメント、全水圧と作用点 (第2章 静水圧)眞家 永光
5/14①
6静水圧(5)水圧の合力と作用点 (第2章 静水圧)眞家 永光
5/21①
7水の運動(1)流水の性質、連続方程式 (第3章 水の運動)眞家 永光
6/4①
8水の運動(2)エネルギー方程式、ベルヌーイの定理 (第3章 水の運動)眞家 永光
6/11①
9水の運動(3)小オリフィス、ベンチュリメーター、ピトー管 (第3章 水の運動; 第6章 オリフィスと水門)眞家 永光
6/18①
10水の運動(4)運動量方程式 (第3章 水の運動)眞家 永光
6/25①
11管水路の流れ(1)エネルギーの損失、損失水頭がある場合のベルヌーイ (第4章 管水路の流れ)眞家 永光
6/25①
12管水路の流れ(2)エネルギー線と動水勾配線眞家 永光
7/9①
13管水路の流れ(3)発電およびポンプの水理計算眞家 永光
7/16①
14開水路の流れ(1)常流,斜流,支配断面 (第5章 開水路の流れ)眞家 永光
7/23①
15開水路の流れ(2)マニングの平均流速公式、ダルシーワイズバッハの式 (第5章 開水路の流れ)眞家 永光
7/26①

到達目標

水理学で学んだ公式を用いた水理計算が行えるようになる。

評価方法

予習・復習(40点)と定期試験(60点)より評価を行い、到達目標に達していない場合は再試験を1回行う。

準備学習(予習・復習等)

Moodle上の予習・復習を必ず行うこと。質問等は、オフィスアワーを利用して、積極的に質問すること。

その他注意事等

関数電卓を持参してください。
演習によって、国家公務員試験Ⅱ種・地方上級公務員試験出題レベル程度の計算が出来るようになります。講義中以外の質問は、研究室(7号棟4階)まで来室ください。オフィスアワーは平日の18時までです。予約してくれれば確実に対応します。

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書水理学 改訂2版 (大学土木) 玉井信行(編/共著)オーム社
参考書(なし)