水環境学
英文名Water Environment
科目概要生物環境科学科2年前期 [月曜日2時限(週1コマ)]、3群科目、必修、講義、2単位(30時間)
担当者(◎は科目責任者,※は実務経験のある教員) ◎丹治 肇 (※)
講義室831講義室
JABEE認定プログラム履修の手引き(表3・14)との関連E

教員免許取得のための必修科目

科目教科に関する科目(高等学校 農業)
施行規則に定める科目区分
  • 農業

授業の目的

水域生態学の基礎と灌漑排水学の基礎(人間活動における水環境)について学ぶ。水域生態学については、SVAP(Stream Visual Assessment Protocol)を理解し、環境評価ができるようになることを目的とする。水資源の利用と保全、水田と畑地での潅漑と排水、畜産における水利用と排水問題、水質保全、水環境と景観保全について、基礎理論とその応用について学習する。実験データの基本的な処理方法についても習得する。

授業内容(シラバス)

項目内容担当者日時
1概説、講義の予定、概要、方法、注意事項の説明オリエンテーション丹治 肇
4/9②
2計算環境の整備 Rのインストール。基本的な計算。丹治 肇
4/16②
3河川生態学と水理学水理学と水環境の関係について学ぶ丹治 肇
4/23②
4河川生態学の基礎食物連鎖。エネルギー収支。丹治 肇
5/7②
5SVAPの概要SVAPの概要について学ぶ丹治 肇
5/14②
6SVAPの実際(1)SVAPの評価項目を理解する丹治 肇
5/21②
7水田灌漑(1)稲作と水管理、水田灌漑の役割,水田灌漑システム丹治 肇
5/28②
8水田灌漑(2)水田用水量,,広域用水量、反復利用 丹治 肇
6/4②
9畑地灌漑灌漑システム、土壌水分恒数、土壌の水分消費、畑地用水量、多目的畑地灌漑 丹治 肇
6/11②
10排水地区排水:降雨と流出の関係、地区排水計画、排水量の把握、圃場排水:圃場排水の意義、圃場排水量、暗渠排水計画丹治 肇
6/18②
11SVAPの実際(2)実際の評価方法について学ぶ丹治 肇
6/25②
12SVAPの実際(3)評価の発表方法について学ぶ丹治 肇
7/2②
13生物環境と水質保全作物の生育と水質、用排水の水質、水質保全丹治 肇
7/9②
14河川環境整備河川環境の整備の考え方。環境の復元。丹治 肇
7/16②
15まとめ 全体のまとめ丹治 肇
7/23②

到達目標

①水環学実験と連動し、Rにより、実験データ処理の基本ができるようになる。
②水環境学の理解に必要な基礎的な水理学が理解できる。
③SVAPを通じ、水環境学の基礎が理解できるようになる。
④生物生産と水質保全に関する基礎が理解できるようになる。

評価方法

成績評価は期末試験で行う。

準備学習(予習・復習等)

ノートパソコンまたはUSBメモリを準備して、Rで計算可能な環境を準備する。計算演習を自習することを推奨する。

その他注意事等

水田灌漑・畑地灌漑に対応する部分(全体の1/3)は、公務員試験の農業水利学に対応している。
講義の最初の方は水環境実験と連動するため、スケジュールが変更になることがある。SVAPの実際も水環境実験と連動しているため、スケジュールが変更になることがある。
スケージュールの変更は前回の授業時に連絡する。

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書水理学指定の教科書を使う
参考書Stream Corridor Restoration   NRCS USDA
参考書Stream Visual  Assessment Protocol USDA