植物生態環境学
英文名Plant and Environmental Ecology
科目概要生物環境科学科2年後期 [水曜日1時限(週1コマ)]、3群科目、必修、講義、2単位(30時間)
担当者(◎は科目責任者,※は実務経験のある教員) ◎杉浦 俊弘
講義室831講義室
JABEE認定プログラム履修の手引き(表3・14)との関連E

授業の目的

植物の生態(生き様)を群落の分布および植物の生長過程と土地の気象条件や土壌条件などの環境と関連付けながら理解させる。

授業内容(シラバス)

項目内容担当者日時
1生態学における位置づけ生態学の分野における分類とこの科目の位置づけ杉浦 俊弘
9/26①
2森林の生態(1)森林の成立条件と種類,森林の構造杉浦 俊弘
10/3①
3森林の生態(2)自己間引き,収量一定の法則,環境保全機能杉浦 俊弘
10/12④
4草原・湿地の生態(1)草原の種類,遷移途中相への放牧の影響杉浦 俊弘
10/17①
5草原・湿地の生態(2)湿地のエコトーン,湿地の保全と創出杉浦 俊弘
10/24①
6中間試験これまでのまとめと評価杉浦 俊弘
10/31①
7植物と動物の相互関係(1)花の生態受粉・送粉への動物のかかわり杉浦 俊弘
11/7①
8種子の生態種子の生産量,種子の形態と散布型杉浦 俊弘
11/15①
9種子の生態種子の生産量と形態による分類杉浦 俊弘
12/5①
10植物と動物の相互関係(2)動物による種子散布動物による種子の散布の種類と特徴杉浦 俊弘
12/6①
11発芽の生態発芽に影響する要因と休眠打破杉浦 俊弘
12/19①
12群落の生態(1)光環境と葉の形態群落の光合成能力杉浦 俊弘
12/20①
13群落の生態(2)生産構造群落の生産構造と吸光係数杉浦 俊弘
1/9①
14遷移の進行メカニズム(1)一年生草本から二年生草本へ杉浦 俊弘
1/16①
15遷移の進行メカニズム(2)二年生草本から多年生草本,養分転流杉浦 俊弘
1/21①

到達目標

1.世界の植生の種類と分布およびそれの決定要因を環境と遷移と関連させて理解させる。
2.森林植生の種類と形成過程について理解させる。
3.極相としての草原と途中相の草原の違いとその維持管理法について理解させる。
4.種子の形態と量および散布型について、遷移や動物との関連で理解させる。
5.群落の形成過程における光をめぐる競合や生産構造の意味について理解させる。

評価方法

中間試験(20点)と期末試験(80点)によって評価する。

準備学習(予習・復習等)

予習:講義内容を事前に確認して、それに関わる事項を図書やインターネットなどで調べてください。
復習:終了時に課す小テストの問題を復習してください。

その他注意事等

不明な点などあれば、講義中あるいはオフィスアワーを利用して、積極的に質問に来て下さい。

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書(なし)
参考書「生態学入門」 日本生態学会編  東京化学同人
参考書「植物生態学 基礎と応用」林一六  古今書院