情報科学
英文名Introduction to Information Science
科目概要生物環境科学科2年後期 [月曜日2時限(週1コマ)]、2群科目、必修、講義、2単位(30時間)
担当者(◎は科目責任者,※は実務経験のある教員) ◎皆川 秀夫
講義室831講義室
JABEE認定プログラム履修の手引き(表3・14)との関連E

教員免許取得のための必修科目

科目教科に関する科目(高等学校 農業)
施行規則に定める科目区分
  • 農業

授業の目的


コンピュータ(ハードウエア)の構造、それを支えるオペレーテイングシステム(ソフトウエア)の機能、プログラミングの基礎を学習する。さらにデータベースやコンピュータ同士を接続したネットワークも理解する。

授業内容(シラバス)

項目内容担当者日時
1コンピュータの基本構成コンピュータの歴史、コンピュータの5大装置皆川 秀夫
9/20②
2ガイダンス、情報化社会、資格紹介受講のねらいと諸注意、コンピュータと情報化社会(IT・ITC社会)、情報処理技術者試験(国家試験)皆川 秀夫
10/1②
3コンピュータのデータ表現(1)表現単位、情報量、基数と基数変換皆川 秀夫
10/9②
4コンピュータのデータ表現(2)データの表現形式、数値データ(10進、2進、8進、16進)皆川 秀夫
10/15②
5<基礎知識の確認>小テスト(1)と解説皆川 秀夫
10/22②
6中央処理装置と主記憶装置CPU、ROM、論理(演繹・帰納)、真理値皆川 秀夫
10/29②
7論理回路論理式、AND・OR・NOT・XOR回路、半加算器、全加算器皆川 秀夫
11/6②
8<基礎知識の確認>小テスト(2)と解説皆川 秀夫
11/12②
9ソフトウエア(1)システムソフトウエア(OS)、応用ソフトウエア皆川 秀夫
11/26②
10ソフトウエア(2)OSの機能と構成(Windows・Linux)皆川 秀夫
11/29①
11ソフトウエア(3)プログラム言語と言語プロセッサ(オブジェクト指向言語、スクリプト言語)皆川 秀夫
12/3②
12<基礎知識の確認>小テスト(3)と解説皆川 秀夫
12/10②
13データベース関係モデル、データベース言語(SQL)皆川 秀夫
12/17②
14ネットワークとセキュリティLAN・WAN、誤り制御、電子メール・WEB、暗号皆川 秀夫
1/7②
15総括基礎知識のまとめ、本試験対策皆川 秀夫
1/28②

到達目標

1. コンピュータの仕組みが理解できる。
2. 電子回路と情報との対応が理解できる。
3. オペレーテイングシステムの重要性を認識できる。
4. 簡単なプログラミングができる。
5. 専門英語が理解できる。

評価方法

小テスト(3回、30%)、本試験(70%)に基づき成績を評価する。なお、欠席は-5点、遅刻は-2点として評価点に換算する。

準備学習(予習・復習等)

<予習> 教科書の『情報科学の基礎』に加え、図書館・インターネットにて他の参考資料にも親しむこと。
<復習> 理解を一層深めるためには教員との対話や学生同士の議論が不可欠であり、質問やオフィスアワなどを通じて「耳学問」の大切さを実践すること。

その他注意事等

本講義は、情報化社会における基礎科目として重要な科目の1つであり、これを習得するには日々の努力が不可欠である。オフィスアワを毎週の講義日の17:00~18:00に研究室(7号館1階)で行う。毎回、AV機器(VTR)を通じて数学(論理)、半導体、光ファイバー、スパコン、ネットワーク、ビッグデータなどの情報関連技術を理解する。

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書1.「情報科学の基礎」 石田・井内・梅田・大道・山本(著) 実教出版
教科書2.「論理と代数の基礎」 硲文夫(著) 培風館
参考書「ITワールド」 インフォテックサーブ2014  ㈱インフォテック・サーブ