基礎生態学
英文名Principles of Ecology
科目概要生物環境科学科2年前期(後半) [水曜日3・4時限(週2コマ)]、2群科目、必修、講義、2単位(30時間)
担当者(◎は科目責任者,※は実務経験のある教員) ◎山上 睦 (※)
講義室831講義室
JABEE認定プログラム履修の手引き(表3・14)との関連D

教員免許取得のための必修科目

科目教科に関する科目(高等学校 農業)
施行規則に定める科目区分
  • 農業

授業の目的


生態学は生物と環境との関わりに関する学問である。自然現象を理解し、また環境保全を行うためにも、生態学的な視点は不可欠である。本講義では、生態学の基礎概念を理解し、自然を科学的に理解することを目標とする。

授業内容(シラバス)

項目内容担当者日時
1生態学序論個体群生態学、シラバスの概要。生態系と生態学の概念について山上 睦
6/6③
2個体群生態学競争、捕食と生態系保全山上 睦
6/6④
3メタ個体群生態学メタ個体群の考えと応用、群れることの意義等山上 睦
6/13③
4群れ-社会性-遺伝子なわばり、社会性動物、利己的な遺伝子山上 睦
6/13④
5植物同定植物同定のしかた、同定のための植物形態学、科の見分け方山上 睦
6/20③
6植物の生活型植物の生活型、生活スペクトル、生育型山上 睦
6/20④
7植物群集と遷移植物の群落構造、群集/群集動態、遷移山上 睦
6/27③
8里山生態学里山の生態学と環境保護山上 睦
6/27④
9バイオームと生物多様性世界のバイオーム、有害生物防除、生物多様性山上 睦
7/11③
10進化生態学進化生態学についてトピックスをあげて理解を深める山上 睦
7/11④
11分子生態地理学分子生態地理学についてトピックスをあげて理解を深める山上 睦
7/18③
12集団遺伝学、環境生態生理学集団遺伝学、環境生態生理学ついてトピックスをあげて理解を深める山上 睦
7/18④
13生物系物質循環物質循環、文献検索方法、研究に対する情報集山上 睦
7/25③
14環境保全生態学環境の保全に向けて山上 睦
7/25④
15まとめまとめ 補足と講義全体のまとめ山上 睦

到達目標

1)生態学の基礎知識と概念を理解することができるようになる。
2)自然を科学的に理解できるようになる。
3)環境問題を生態学的視点から考えられるようになる。

評価方法

期末試験によって評価。欠席に関しては、進級規定を適用する。

準備学習(予習・復習等)

配布した資料をよく読むこと。わからない点があったら、オフィスアワーを利用して、積極的に質問すること。フィールドに出て実際に生態を観察すること。授業中に紹介する本を読むこと。授業中に随時、研究に対する心構えや情報収集方法を教え、13回目までに「あなたならどのような研究をするか」の小レポートを提出していただく。最後の授業で小レポートの中から代表的なものを紹介しながら評価する。

その他注意事等

積極的に講義に参加し下さい。質問などは、講義開始前あるいは講義後に聞いてください。

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書なし
参考書生態学入門  日本生態学会編  化学同人
参考書生態学キーノート   A.Campbell他シュプリンガー・フェアラーク東京
参考書カラー図解 アメリカ版 大学生物学の教科書 全4巻 ブルーバックス
参考書生命とは? 物質か! ― サイエンスを知れば百考して危うからず 和田 昭允 オーム社