環境微生物学
英文名Environmental Microbiology
科目概要生物環境科学科2年前期 [火曜日1時限(週1コマ)]、3群科目、選択、講義、2単位(30時間)
担当者(◎は科目責任者,※は実務経験のある教員) ◎山本 裕司
講義室831講義室

授業の目的

微生物は我々人間の生活に様々な恩恵をもたらすとともに、地球の物質循環に重要な役割を果たしている。本講義では、前半の基礎微生物学で微生物に関する基本的な知識を修得する。後半の講義では、私たちの生活と環境保全に深くかかわるトピックスを通じて、微生物がどのように活用されているのか理解することを目標とする。

授業内容(シラバス)

項目内容担当者日時
1ガイダンス本講義の特色、学習内容に関するガイダンス山本 裕司
4/10①
2基礎微生物学1微生物の定義と分類山本 裕司
4/17①
3基礎微生物学2細胞の構造山本 裕司
4/24①
4基礎微生物学3微生物の遺伝学山本 裕司
5/8①
5基礎微生物学4代謝と酵素山本 裕司
5/15①
6基礎微生物学5代謝の多様性山本 裕司
5/22①
7まとめと中間試験中間試験を行うとともに前半の講義を総括する山本 裕司
5/29①
8応用微生物学1発酵食品の製造における微生物の役割山本 裕司
6/5①
9応用微生物学2お酒の製造に関係する微生物とその役割山本 裕司
6/12①
10応用微生物学3微生物を利用した物質生産山本 裕司
6/19①
11環境微生物学1動物の消化管に棲息する微生物とその役割山本 裕司
6/26①
12環境微生物学2植物と共生する微生物とその役割山本 裕司
7/3①
13環境微生物学3微生物による物質の循環山本 裕司
7/10①
14環境微生物学4微生物を用いた環境修復山本 裕司
7/17①
15環境微生物学5微生物を用いた次世代燃料の生産山本 裕司
7/24①

到達目標

①微生物に関する基礎的な知識、すなわち、微生物の分類、細胞の構造、代謝、遺伝学的な特徴について説明できる。
②現代社会における微生物の利用法と将来的な可能性について説明できる。

評価方法

①中間試験 (基礎的な微生物学の知識を確認する。)( 50%)。
②小テスト(後半の講義の際に毎回実施する。)(50%)。

準備学習(予習・復習等)

予習:講義内容は予め通知するので、参考書等を利用して基本的な知識を修得しておく。
復習:講義資料に記載されている確認問題を中心に内容の整理と理解に努める。

その他注意事等

本講義では、基礎的な微生物学の講義を行った後、微生物に関連する様々なトピックスを紹介する。後半の講義では、理解度を確認する小テストを毎回行うので、積極的な姿勢で講義に参加してほしい。

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書(なし)
参考書微生物学 (基礎生物学テキストシリーズ 4)  青木 健次  化学同人
参考書応用微生物学  横田篤、大西康夫、小川順文永堂出版
参考書環境にかかわる微生物学入門  山中健生  講談社サイエンティフィク
参考書環境微生物学久保幹、森﨑久雄、久保田謙三、今中忠行 化学同人