環境情報学
英文名Environment Informatics
科目概要生物環境科学科2年後期 [木曜日3時限(週1コマ)]、3群科目、必修、講義、2単位(30時間)
担当者(◎は科目責任者,※は実務経験のある教員) ◎田中 勝千
講義室831講義室
JABEE認定プログラム履修の手引き(表3・14)との関連E

教員免許取得のための必修科目

科目教科に関する科目(高等学校 農業)
施行規則に定める科目区分
  • 農業

授業の目的

 近年エコロジーという言葉がもてはやされているが、生物と環境の間の相互作用を扱う学問分野とされている。生物と環境との相互作用は科学の3要素つまりエネルギー、物質、そして情報を介している。本講義では、生物を取り巻く環境情報について説明し、とくに、生物生産の場である圃場(作物と土地)あるいは地域を対象として、その特性を情報通信技術を用いて取得・解析することによって持続的な生産活動が可能なシステムを構築するために必要な事項について理解を深める。

授業内容(シラバス)

項目内容担当者日時
1生物環境科学と環境情報学環境情報学と生物環境科学との関りについて学ぶ。田中 勝千
10/4③
2環境の構造と環境問題環境の構造と環境問題について学ぶ。田中 勝千
10/11③
3環境の特徴環境の特徴と考え方について学ぶ。田中 勝千
4情報科学情報科学について学ぶ。田中 勝千
10/25③
5情報処理とコンピュータ情報の伝達と通信について学ぶ。田中 勝千
11/1③
6環境情報科学環境情報学について学ぶ。田中 勝千
11/1④
7リモートセンシング1リモートセンシングの基礎について学ぶ。田中 勝千
11/8③
8中間試験と解説前週までの講義内容の理解の確認。田中 勝千
11/15③
9リモートセンシング2リモートセンシングの応用について学ぶ。田中 勝千
11/22③
10環境情報と環境指標環境情報と環境指標について学ぶ。田中 勝千
11/29③
11ライフサイクルアセスメントライフサイクルアセスメントについて学ぶ。田中 勝千
12/6③
12環境保全型農業と精密農業環境保全型農業と精密農業について学ぶ。田中 勝千
12/13③
13空間データモデリング1データリテラシーと空間データモデリングについて学ぶ。田中 勝千
12/20③
14空間データモデリング2セミバリアンス解析について学ぶ。田中 勝千
1/10③
15講義のまとめ講義内容の確認とまとめ。田中 勝千
1/22③

到達目標

(1) 環境について説明できる。
(2) 環境情報について説明できる。
(3) 環境保全型農業と精密圃場管理との関わりについて説明できる。
(4) 空間データモデリングの考え方について説明できる。
(5) リモートセンシングの応用例について説明できる。

評価方法

中間試験(45)と期末試験(45点)およびレポート(10点)の合計で評価する。また、欠席は-5点、遅刻は-2点として評価点に換算する。再試験は、学習時の記録を参考に一度認めることがある。

準備学習(予習・復習等)

環境、情報、リモートセンシングなどの用語はマスメディアでも頻繁に取り上げられるので、各項目との関連について調べ復習すること。
必要に応じて指示する。

その他注意事等

関数機能付き電子卓上計算機を持参すること。

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書未定
参考書精密農業    澁澤 栄(編)  著朝倉書店
参考書アメリカの環境保全型農業 中村耕三 農林統計協会
参考書地球環境学  5 生物の多様性とその保全  井上民二・和田英太郎(編)岩波書店
参考書世界の食糧 世界の農村 16 世界各国の環境保全型農業  嘉田良平 農山漁村文化協会
参考書環境保全と農林業陽 捷行(編)朝倉書店
参考書時空間情報プラットフォーム 環境情報の可視化と協働 佐土原 聡(編) 東京大学出版会
参考書時空間情報学 今井 博・近藤高弘 インデックス出版