応用力学
英文名Applied Mechanics
科目概要生物環境科学科2年前期 [水曜日5時限(週1コマ)]、2群科目、選択、講義、2単位(30時間)
担当者(◎は科目責任者,※は実務経験のある教員) ◎田中 勝千落合 博之
講義室831講義室
JABEE認定プログラム履修の手引き(表3・14)との関連D

授業の目的

各種の構造部の設計の基礎として材料の強さ、はり、部材断面の性質、はりの設計、トラス、ラーメンについて学習する。

授業内容(シラバス)

項目内容担当者日時
1引張応力とせん断応力応用力学の概要について述べる。引張応力とせん断応力について考え方と計算法を学ぶ。田中 勝千
落合 博之
4/11⑤
2接触応力と許容応力接触応力と許容応力について考え方と計算法を学ぶ。田中 勝千
落合 博之
4/18⑤
3棒材の伸び(1)軸方向に荷重が作用した場合の棒材の伸びの考え方と計算法を学ぶ。田中 勝千
落合 博之
4/25⑤
4棒材の伸び(2)水平方向と垂直方向の力のつり合いを考慮した棒材の伸びの計算法を学ぶ。田中 勝千
落合 博之
5/9⑤
5骨組構造の計算結合部がピン結合の骨組み構造の計算法について学ぶ。田中 勝千
落合 博之
5/16⑤
6棒材のねじり棒材がねじられた場合に生じるひずみと応力について学ぶ。田中 勝千
落合 博之
5/23⑤
7せん断力図と曲げモーメント図はりに荷重が作用した場合に生じるせん断力と曲げモーメントの計算法と作図について学ぶ。田中 勝千
落合 博之
5/30⑤
8中間試験前週までの内容について理解度を確認する。田中 勝千
落合 博之
6/6⑤
9断面一次モーメントと断面二次モーメント断面一次モーメントと断面二次モーメントの考え方の計算法について学ぶ。田中 勝千
落合 博之
6/13⑤
10はりの曲げ応力とせん断応力はりに荷重が作用した場合に生じる曲げ応力とせん断応力の計算法について学ぶ。田中 勝千
落合 博之
6/20⑤
11はりのたわみたわんだはりのたわみ量とたわみ角の考え方と計算法について学ぶ。田中 勝千
落合 博之
6/27⑤
12節点法によるトラスの部材力計算節点法を用いたトラスの解法について学ぶ田中 勝千
落合 博之
7/4⑤
13断面法によるトラスの部材力計算断面法を用いたトラスの解法について学ぶ田中 勝千
落合 博之
7/11⑤
14ラーメンの計算ラーメン構造について学ぶ田中 勝千
落合 博之
7/18⑤
15ラーメンの部材断面の設計計算ラーメン構造の部材断面の計算及びせん断力、曲げモーメント、軸方向力の作図について学ぶ田中 勝千
落合 博之
7/25⑤

到達目標

1. 部材並びに構造物に作用する外力(荷重、反力)と部材内部に生じる内力の考え方を説明できる。
2. 部材や構造物に生じる外力と内力の計算ができる。
3. はりのせん断力と曲げモーメントの計算ができる。
4. はりのたわみとたわみ角の計算ができる。
5. トラスとラーメンの計算ができる。

評価方法

中間試験(45点)と期末試験(45点)およびレポート(10点)の合計で評価する。また、欠席は-5点、遅刻は-2点として評価点に換算する。再試験は、学習時の記録を参考に一度認めることがある。

準備学習(予習・復習等)

次回の授業範囲を予習し、専門用語の意味等を理解しておく。復習を怠らないこと。

その他注意事等

週が進むに連れて、基礎から応用へと進むので講義を欠席すると特に後半の講義内容が理解できない場合が多いので注意する。

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書材料力学入門  中山秀太郎 (編著)大河出版
参考書図解土木応用力学 例題と演習 森野 安信(著) 市ヶ谷出版社 
参考書ゼロから学ぶ土木の基本 構造力学内山 久雄(監修) 佐伯 昌之(著) オーム社
参考書図解でわかるはじめての材料力学 有光 隆(著) 技術評論社