インターンシップ
英文名Internship
科目概要生物環境科学科3年、3群科目、選択、講義、1単位(15時間)
担当者(◎は科目責任者,※は実務経験のある教員) ◎森 淳 (※)眞家 永光
講義室841講義室
備考冬期・春期休業中に実施。
JABEE認定プログラム履修の手引き(表3・14)との関連G

授業の目的

学科の教育内容および学生の資質や将来の進路などからみて、学科が相応しいと判断した受入れ先での就業体験を通じて、以下のことについて身につけさせる。
①講義や実習で修得した知識や技能を実際の現場で高める。
②常に目的意識を持って実施における技術内容を理解する。③職業体験を経て職業意識の向上を図る。
④実習を通して自己啓発を図る。

授業内容(シラバス)

項目内容担当者
1オリエンテーション学科のインターシップ実施マニュアルにもとづいて、オリエンテーションを行う。森 淳
眞家 永光
2受入れ機関の検討受入れ機関・法人情報等に基づき、希望業種・職種・受入れ先を検討する。森 淳
眞家 永光
3受入れ機関との折衝希望する受入れ機関へのインターンンップ受入れの折衝を行う。森 淳
眞家 永光
4就業体験(1)受入れ機関での就業体験(1)森 淳
眞家 永光
5就業体験(2)受入れ機関での就業体験(2)森 淳
眞家 永光
6就業体験(3)受入れ機関での就業体験(3)森 淳
眞家 永光
7就業体験(4)受入れ機関での就業体験(4)森 淳
眞家 永光
8就業体験(5)受入れ機関での就業体験(5)森 淳
眞家 永光
9就業体験(6)受入れ機関での就業体験(6)森 淳
眞家 永光
10就業体験(7)受入れ機関での就業体験(7)森 淳
眞家 永光
11就業体験(8)受入れ機関での就業体験(8)森 淳
眞家 永光
12就業体験(9)受入れ機関での就業体験(9)森 淳
眞家 永光
13就業体験(10)受入れ機関での就業体験(10)森 淳
眞家 永光
14報告書作成就業体験について報告書を作成する。森 淳
眞家 永光
15報告会就業体験について発表する。森 淳
眞家 永光

到達目標

1)学科で学んでいる内容について社会での役割を理解する。
2)将来の職業に対する意識の向上を図る。

評価方法

就業体験に関する報告書の内容等によって評価する。

準備学習(予習・復習等)

事前に配布する「インターンシップ実施マニュアル」をよく読み、趣旨を理解の上、インターンシップ受け入れ先の選定に努めること。

その他注意事等

不明な点があればオフィスアワー(月曜日から金曜日16:30〜18:00)を利用されたい。

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書(なし)
参考書人材育成としてのインターシップ 佐藤博樹・堀有喜衣・堀田聡子  労働出版社
参考書インターシップ-職業教育の理論と実践-  古閑博美・重石嘉昭・垂石幸与・仁平征次 学文社