CAD演習
英文名Practice in CAD
科目概要生物環境科学科3年後期(前半) [水曜日4・5時限(週2コマ)]、3群科目、選択、演習、1単位(30時間)
担当者(◎は科目責任者,※は実務経験のある教員) ◎宮腰 直幸 (※)髙松 利恵子
講義室841講義室、コンピュータ実習室
JABEE認定プログラム履修の手引き(表3・14)との関連E

授業の目的

CADの基礎について学び、基本的な利用技術を修得する。その上で製図法の基礎と土木分野における設計の中で活用していく手法を習得する。

授業内容(シラバス)

項目内容担当者日時
1ガイダンス演習の概要、CADの概念の説明宮腰 直幸
髙松 利恵子
9/19③
2CADの基本操作(1)CADの基本機能の理解、画面構成、マウスの操作、入力操作宮腰 直幸
髙松 利恵子
9/19④
3    〃    〃宮腰 直幸
髙松 利恵子
9/19⑤
4CADの基本操作(2)全体操作、編集操作、その他宮腰 直幸
髙松 利恵子
9/26④
5    〃    〃宮腰 直幸
髙松 利恵子
9/26⑤
6製図法の基礎図面の描き方、図面に必要な事項とその表現宮腰 直幸
髙松 利恵子
10/3④
7    〃CADのツールバーなどの各種設定宮腰 直幸
髙松 利恵子
10/3⑤
8CAD製図の演習(1)CADを用いた図面の作成手順、基礎的な図面の作成宮腰 直幸
髙松 利恵子
10/10④
9    〃    〃宮腰 直幸
髙松 利恵子
10/10⑤
10CAD製図の演習(2)実践的な図面の作成宮腰 直幸
髙松 利恵子
10/17④
11    〃    〃宮腰 直幸
髙松 利恵子
10/17⑤
12CAD製図の演習(3)公園の平面図作成宮腰 直幸
髙松 利恵子
10/24④
13    〃    〃宮腰 直幸
髙松 利恵子
10/24⑤
14CAD技術試験CADを用いた課題の製図作成宮腰 直幸
髙松 利恵子
10/31④
15解説試験の解説宮腰 直幸
髙松 利恵子
10/31⑤

到達目標

1.CADの基本操作や特性を理解する。
2.製図の基本事項を習得する。
3.CADを用いて簡単な製図が描けるようにする。

評価方法

レポート(20点×3回=60点)、期末試験(40点)で100点とする。
到達目標に達していない場合は、再試験と再レポートを1回行う。

準備学習(予習・復習等)

予習:CADの操作技術を習得するため、Jw-cad(CADソフト)を利用して各自で練習すること。
復習:講義ごとに配布するプリントを活用し、復習すること。
演習内容やレポートの課題についての質問は、講義中あるいはオフィスアワーに応じます。

その他注意事等

オフィスアワーについては授業開始時に説明する。

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書(なし)
参考書Jw-cad7 徹底解説(リファレンス編)  (株)エクスナレッジ